受験資格判定について

2017年度より新シニア産業カウンセラー試験(以下、新シニア試験)を実施いたします。
これに伴い、現行のシニア産業カウンセラー試験(以下、現シニア試験)は2018年度で終了いたします。
2017年度および2018年度は2つのシニア試験を実施いたしますが、 同年度に両方の試験を受験することはできません。

「修士」受験資格について

シニア試験を「修士」受験資格で受験希望の方は、書類審査(受験資格判定)が必要です。 
大学院等の修了時期により、受験可能な試験が異なります。

◆2013年3月末までに大学院等を修了している方

2017年度より新シニア試験を受験  (現シニア試験は受験できません)
 新シニア試験の受験資格判定を申請してください→新シニア産業カウンセラー試験 受験資格判定

◆2013年4月以降に大学院等を修了している方

※下記①または②を選択してください
2018年度まで現シニア試験を受験  (新シニア試験は2019年度以降に受験できます)
  現シニア試験の受験資格判定を申請してください→  下記 シニア試験 「修士」受験資格判定について
2017年度より新シニア試験を受験  (現シニア試験は受験できません)
  新シニア試験の受験資格判定を申請してください→新シニア産業カウンセラー試験 受験資格判定

◆以下の方はお問合せください

・過去に受験資格判定を受けた方、現シニア試験の受験歴がある方
・大学院を修了後、別の大学院で履修した科目を合算して受験資格判定をご希望の方
 (試験部:03-3438-4568 平日9~17時)

・2014年度~2016年度の間に受験資格判定「有」となった方には、
 2017年6月上旬に個別にご案内を送付しております。届いていない方はお問合せください。

シニア試験 「修士」受験資格判定について (2017年6月)

◆2017年度 シニア試験「修士」受験資格判定(事前申請)

受付期間:
 2017年6月12日(月)~8月18日(金)到着分まで
申請方法: 
 シニア試験 「修士」受験資格判定について(PDF) 

※受験資格判定は、事前申請 または受験申込時の申請 にて受け付けます。
 事前申請では、受験申込前に受験資格の有無が分かります。 
 受験申込時の申請は、受験申込後の審査になるため、審査の結果「受験資格として該当しない」となった場合でも、
 いったん納入された受験料等はご返金いたしませんので、事前申請をおすすめいたします。

シニア産業カウンセラー試験  「修士」での受験資格について (2018年度まで)

受験資格

産業カウンセラーの資格を有し、大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する専攻の修了者であって、次号に定めるA群からG群までの科目において、1科目を2単位以内として4科目以上、8単位以上を取得していることを要する。ただし、D群からG群の科目による取得単位は2単位以内とする。

科目群について

A群: 産業カウンセリング、カウンセリング、臨床心理学、心理療法各論(精神分析・行動療法など) などの科目群
B群: カウンセリング演習 カウンセリング実習などの科目群
C群: 人格心理学、心理アセスメント法などの科目群
D群: キャリア・カウンセリング、キャリア概論などの科目群
E群: 産業心理学、産業・組織心理学、グループダイナミックス、人間関係論などの科目群
F群: 労働法令の科目群
G群: 精神医学、精神保健、精神衛生、心身医学、ストレス学、職場のメンタルヘルスなどの科目群

ページトップへ

「産業カウンセリング」「シニア産業カウンセラー」「産業カウンセラー」および「産業カウンセラー養成講座」は、当協会の登録商標です。

JAICO一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

〒105-0004 東京都港区新橋6-17-17 御成門センタービル6階
TEL:(03)3438-4568  FAX:(03)3438-4487